10坪不動産が、更なる飲食店の開業支援のため仲介手数料10円キャンペーンをスタート。

2019年10月10日(木)10時10分から2020年10月10日(土)10時10分までの1年間、弊社運営の不動産サービス「10坪不動産」で狭小店舗ご契約の事業オーナー様への仲介手数料を一律10円にするキャンペーンを行います。

盛り上がりを見せつつ、人手不足や増税、キャッシュレスなど、社会背景に大きく影響を受ける飲食業界に対して、10坪程度の小さな店舗での課題解決、専門性の特化を支援し、挑戦が生まれる世の中をつくります。

アセット 8@2x.png

キャンペーン詳細
-
期間:
2019年10月10日10時10分 - 2020年10月10日10時10分

キャンペーン内容:
期間内に10坪不動産にて狭小店舗物件を契約頂いたお客様に限り、仲介手数料を10円にさせて頂きます。


事業を進める中で感じた課題

私たちは不動産会社でありながら、飲食店も4店舗経営してきました。そこで感じたのは
- 取り合ってくれる不動産会社が少ない
- 専門性が必要となり、その知識を持った不動産会社が少ない
- 飲食開業可の物件数が少ない
- 入居後のトラブルが多い
という事実に気付きました。私たちは、自分たちの専門性と経験を活かして、この課題へのサポート体制をつくりたいという想いから「10坪不動産」をスタートしました。

この想いを持ち、これまで開業したい人、開業を支援する人、また狭小店舗からスタートし、現在では予約困難となった飲食店経営者への多くのインタビュー、関わりを行ってきました。
https://www.10tsubo.com/

messageImage_1570530067403.jpg

成功するお店に共通するポイント

皆さんに共通した話に、10坪の不動産が持つ可能性を感じました。
33㎡の大きさには、多くの挑戦を支えるだけのメリットが存在します。
初期費用や家賃といったリスクは大きすぎず、客席の数、回転率、コストなど、事業計画もシンプルに考えることができ、個人や小規模事業の挑戦には適したサイズです。
また、小さなお店や駅から離れたお店でも、専門性に特化したり、こだわりのメニュー、美しい内装やデザインで、InstagramをはじめとしたSNSで火がつき、お客様に愛される事例も多く存在します。

実現したい未来

10坪という挑戦に適したサイズでの開業を支援することで、専門性に特化した、それぞれの人の想いを最大化した店舗が世の中に生まれ、肩を寄せ合うコミュニティや、日常の憩いの場となる飲食店の本来の役割が生まれることを願っています。また、経営の難しい一棟ビルや、過疎化が進む地方などにも、私たちのサービスで開業を果たした経営者の皆さまと課題に取り組む未来を想像しています。

このキャンペーンでより多くの未来の経営者とお会いできることを楽しみにしています。

kazuki nishiyama